美容師 薄給

美容師は薄給?労働時間が長いってホント?

美容師をしている人から話を聞くと

 

「給料が安くて…」

 

「労働時間が長くて…」

 

 

というような愚痴がよく出てきます。

 

みなさんも一度はこういった話聞いたことあるんじゃないですか?これから美容師を目指そうとしている人にとっては、とても気になる話ですよね。

 

今回はこの「美容師の給料」と「労働時間」について、みなさんの疑問を解決したいと思います。

 

美容師は薄給?

「美容師は給料が安い…。」
果たしてこういった話は本当なのでしょうか?

 

この話は8割くらい本当です。

 

実際に専門学校を卒業して美容室に就職しても、最初のお給料は10万円しかもらえないということもざらにあります。これってかなり安いですよね。

 

ただし、しっかりと練習を積み重ねていってスキルアップをしていけば、それに伴ってしっかりと給料は上がっていきます。まだ美容師として一人前になれていない人が「給料が安すぎて…。」と愚痴をこぼすパターンは多いです。

 

しかしベテラン美容師が「給料が安すぎて…。」と愚痴をこぼすパターンもあります。ベテランであれば技術があり、お給料は他の仕事と比べると確かに安いかもしれませんがそれなりにもらえているはずです。そんなベテランがなぜ「給料が安い。」と愚痴をこぼすのでしょうか?

 

その理由は次の質問にも関係してくるのですが、美容師の拘束時間にあります。

 

美容師は拘束時間が非常に長いです。美容師になりたての頃は、毎日自分のスキルアップとして練習をするのでお店にいる時間はかなり長いです。しかし、実はベテランになってからも最新の技術やセンスを取り入れるために毎晩お店に残ったり、後輩の指導のために練習に付き合ってあげたりと拘束時間が長いんです。

 

この拘束時間がベテランでも非常に長いため、拘束時間と給料が釣り合っていないと感じて

 

「(拘束時間の割に)給料が安い。」
と愚痴をこぼしてしまうんです。

 

とはいえ、もちろん美容師さんの中にはトップスタイリストになってかなりの収入をあげて、収入に十分満足している人だっています。

 

労働時間が長いってホント?

まず美容師がお店にいる間、なにをしているのかという点を説明しましょう。美容師がお店にいるときは常に営業をしているわけではありません。

 

・営業

 

・自主練習

 

 

主に美容師はこの2つのことをお店にいる間に行っています。よく勘違い?している方は「自主練習」も労働の一部だと思っています。

 

確かにお店によっては強制的に自主練習をさせるところもありますが、一人前の美容師を目指すのなら自主練習は必ずしなければいけません。腕があってなんぼの美容師です。

 

自主練習は

 

お店のためにしているのではなく自分のためにするものですよね。そのため美容師の労働時間は極端に長いわけではありません。

 

強いて言うなら「拘束時間」が長いと言えるかもしれません。美容師として生きていくなら「生涯勉強!」という心を持たないといけないのかもしれませんね。

 

たしかに美容師という仕事は、「給料が安い」「時間が長い」というネガティブな面もあります。結局は自分がどう改善するか、どう考えるかなんですよね。

 

給料が安いと思うなら、必死に練習して誰よりも早くステップアップすればいいですよね。

 

時間が長いと思っても、考え方を変えればそれは将来の自分への投資であり、そう考えると時間の長さなんて気にならないと思います。美容師という仕事に「向上心」は欠かせないと思います。

 

 

美容師になるには TOP