美容師 年齢制限

美容師に年齢制限はあるの?中卒でもなれる?

「美容師を志したはいいけど、もしかしたら今の自分じゃ美容師になることができないんじゃないか?」
色々な状況が重なってこういう思いを抱いてしまう人も多いかもしれません。

 

今回はよくあるふたつの疑問に答えてみたいと思います。

 

美容師に年齢制限はあるの?

美容師という仕事をすために必要なものは、美容師免許です。つまり、極論を言ってしまえば美容師免許さえ持っていて雇ってもらえることさえできれば、あとは努力次第で一人前の美容師になることができるのです。

 

となると気になるのは、美容師免許取得の年齢制限ですよね。
美容師免許取得のための年齢制限は設けられていません。定められた授業数をこなして、試験に合格すれば誰でも美容師免許を取得することができます。

 

ただし、これはどの仕事でも言えることですが、やはり歳をとりすぎてしまうと美容師として雇ってくれるお店は残念ながら少なくなってしまいます。
そのため自分の年齢と自分の中にある熱意を踏まえて美容の世界に足を踏み入れるか考えるといいでしょう。実際に40代の男性でも通信課程に通いながらお店で働いている人だっているのです。

 

中卒でも美容師になれるの?

美容の専門学校のほとんどが入学の条件として「高卒以上」を掲げています。しかし、中卒で美容師になる方法がないわけではありません。中卒で美容師になる方法は大きく分けて3つ存在します。

 

高等課程が存在する美容学校に入学する

高等課程とは

 

高校生が勉強する一般科目を勉強する課程です。この課程がある美容学校に入学することで、美容の専門学校で学ぶ専門科目と一般の高校で習う科目の両方を勉強することになります。ただし、こういった高等課程を設けている美容学校はかなり少ないです。

 

高卒認定試験を受ける

高卒認定試験とは

 

高校卒業程度の学力を認定する試験のことです。
この試験に合格することで、簡単に言ってしまえば高校卒業程度の学力を有していることになり、入学条件が「高卒以上」となっている専門学校にも入学することができるようになるのです。

 

ただしこの高卒認定試験に合格するのは簡単ではないので、しっかりとした努力と時間が必要になってきます。

 

通信課程に入学する

通信課程は

 

入学の際に「美容室で働いていること」を条件としている学校がほとんどです。しかし、美容室で働いてさえいれば中卒でも入学を許可してくれる学校が多いです。(もちろん入学条件に高卒を掲げている学校もあります)ただし、中卒で美容師の資格を持っていない人を雇ってくれる美容室があるか?という点がとても大きな壁として立ちはだかります。

 

このように中卒でも美容師免許を取得する方法はしっかりとあります。

 

どの方法も決して楽なものではありませんが、それぞれの壁を乗り越えることができればそれは自分自身の自信につながり、これからの美容師人生の大きな自信になってくれることでしょう。

 

今回の話で分かるように、美容師には条件的にはほとんどの人がなれる可能性があります。しかし、それは可能性があるだけで本当になれるかどうかは本人の努力次第なんですね。

 

裏を返せば努力さえできれば、ある程度のマイナスな状況からでも美容師になることができるということです。せっかく見つけた夢を、簡単にあきらめないでくださいね。美容師になる方法はたくさんあるのですから。

 

 

美容師になるには TOP