美容師 独立

美容師として独立するために

美容師という仕事は決してお店に雇われるだけが働き方ではありません。それまで勤めていたお店から独立して、自分だけのお店を持って働くこともできるのです。むしろ、美容師になる多くの人がこの「独立」を目指して仕事に打ち込んでいます。

 

ここではそんな美容師の独立について簡単にお話しましょう。

 

独立する理由

先ほど美容師になる多くの人がこの「独立」を目指して仕事に打ち込んでいると書きましたが、なぜ多くの美容師が独立を目指しているのでしょうか?

 

独立する理由は本当に人それぞれですが、主に次のような理由があります。

 

・自由を手に入れたいから独立

 

・給料をアップさせたいから独立

 

・年齢的に雇われる歳ではなくなって独立

 

 

みなさんは美容室が日本にどれくらいあるかご存知ですか?日本に存在する美容室の数は、実はコンビニの数より多いと言われています。これだけ美容室があると、美容室ごとに特徴なども様々あるんですね。

 

雇われて仕事をしているとお店の経営方針に従わないといけないため、自分が考える接客や技術の提供ができないことが多いんです。

 

例えば
「本当はこのシャンプーあんまりいいとは思わないけど、今お店で売り出してるからお客さんに勧めないと…。」
とか…。

 

こういうのってお客様のことを考える美容師であればあるほど苦痛で、こういう不満が積み重なって自分の思い描く美容室を作るために独立をしようと考えるようになったりします。

 

また美容師という仕事は基本的に給料は安い

 

そのため、ある程度のレベルまでステップアップできたら、自分自身がオーナーになって収入アップを図ろうとする人もいます。

 

年齢的に雇われる歳ではなくなるというのは、美容業界ではよくあることです。特に男性…。大型の美容室で歳をとったおじさん美容師ってあまりみないですよね。

 

もちろん腕がいいおじさん美容師もいることはいますが、ほとんどの人が年齢をとりすぎるとお店の表舞台には出してもらえなくなることが多いです。そのため、そうなる前に自分の腕をとことん磨いて独立する人が多いんです。

 

独立を成功させる方法

独立をするため、成功させるために必要なことはたくさんあります。資金、人脈、出店場所のリサーチ…。

 

ここでは紹介しきれません。ですので、ここでは美容師の独立を成功させるために必ず必要になると思われる2つのポイントを紹介します。

 

お客様を喜ばせる確かな技術

 

お客様を呼び込む集客力

 

 

この2つは必ず必要になります。

 

美容師としてお客様を喜ばせることができなければ、リピーターがつくわけありませんよね。またお客様を自分のお店に呼び込むためには集客をする必要があります。
これは、あなたの人柄や技術が口コミで広がって集客につながる場合もあれば、あなた自身がネットなどを駆使して上手く集客をするという手段もあります。

 

独立を成功させるためにやらなければいけないことはたくさんあります。

 

しかし、美容師になったばかりの頃から資金や立地条件について考えることは難しいですよね。ですので最初は「自分の腕をひたすら磨くこと。」「自分の人柄を磨くこと。」この2点を意識して仕事に励みましょう。

 

そうすることで、おのずと独立への道は開けてきます。

 

 

美容師になるには TOP