アシスタント 仕事内容

美容師のアシスタントの仕事について

美容師の技術力

 

美容師におけるアシスタントの位置づけは、スタイルストが、カット、パーマ、カラーリング、シャンプーなどの全ての技術において、お客様を自分で担当できるというレベルであることに対して、お客様を担当できるレベルにまで技術が達していないものがあるということ

美容免許を取得してから美容室に就職したら、まずアシスタントとして仕事をスタートさせます

下積み期間は

 

人によっても、美容室によっても様々ですが、一般的には2〜5年程度になります。また、スタイリストへの昇格は、主に働いている美容室の代表の人が決めます。このように美容師免許を持っていても、技術を磨くために就職した美容室で働くという下積み期間があります。

 

一日の仕事内容

 

アシスタントが早く一人前になるためには技術を身につける必要があります。そのため美容師の仕事や美容室の一日の流れを把握し、スタイリストの業務の邪魔にならないよう、事前の準備から掃除、後片付けをする必要があります。

 

朝は誰よりも早くきて誰よりも遅く帰ることになります。また美容室での業務が終われば、技術を磨くための練習を行います。

 

シャンプー担当

お客様のシャンプーを担当する機会が多いため、どんなに良いシャンプーを使っていても、手荒れに悩まされる方が多いです。仕事内容は厳しく、体力的にも厳しい業務内容ですが、お給料は非常に安いため続けていくには根気が必要です。この厳しい業務を乗り越えてスタイリストとして認められます

 

努力の先にあるスタイリスト

 

カットの練習

アシスタントは一つの技術を習得しても、次の技術の磨くために常に努力が必要です。そしてなによりも難関なのがカットの練習です。過酷なカット練習を見積み重ねて、スタイリスト昇格試験の合格を目指します。このように決して用意ではない道のりですが、様々な技術を身につけて試験に合格し、全ての技術の面でお客様を担当できる美容師として安定した収入を得ることができます。

 

また、シスタントを卒業しても、雑用などの業務は日々あります。美容業界は常に最先端をいき、お客様に信頼されるものでなければいけません。その時の流行に対しての研究と日々の努力を怠ることはできません。そしてアシスタント業務が無駄になることなく、スタイリストとして成長していきます

 

 

美容師になるには TOP