美容師 収入

美容師の収入と労働時間

美容師という仕事は傍からみればすごく華やかな仕事であり、そんな華やかな姿に憧れて美容師を志す人も多いと思います。美容師もれっきとした「仕事」ですよね。志す理由が「かっこいいから」というものでも、それを仕事にする以上は「給与」や「労働時間」が気になってくると思います。

 

今回はそんな美容師の給与と労働時間についてお話します。

 

美容師の初任給と平均年収

仕事をする上で気になるのはやっぱりお金のことですよね。ほとんどの人が仕事をして給料をもらって生活しています。美容師だって例外ではありません。

 

最初にはっきり言っておきます。美容師の給料は、基本的に安いです!

 

美容師の初任給

 

美容師の初任給は、都心で10万円前後と言われています。地方の美容室だと16万円ほどもらえる場合もあるようですが、基本的には月に11万円から13万円前後と考えておいたほうがいいでしょう。

 

美容師の平均年収

 

美容師の平均年収は、平成25年の厚生労働省の調べだと280万円と言われています。
一般的な会社の平均年収は400万円と言われているため、この数字をみるだけでも低いことが分かると思います。

 

美容師のランク別の収入

 

ここまでの話で、「美容師って全然稼げないんだ…。」と肩を落としてしまった人もいるかもしれません。

 

しかし、これまでの話はあくまで「平均」の話です。美容師には基本的にランクが存在します。

 

今度はランク別のおおよその収入をみていきましょう。

 

アシスタント

 

アシスタントとは簡単に言えば下働き、まだお客さんのカットができない人のことをいいます。
基本的に美容室に就職するとアシスタントになるので、この時点での収入は月に11万〜13万前後です。

 

スタイリスト

 

スタイリストは実際にハサミを使ってお客様をカットしたりできる人のことをいいます。
アシスタントを卒業してスタイリストになると基本の給料が月20万円前後まで跳ね上がり、月の売り上げによって歩合給が発生することもあります。

 

トップスタイリスト

 

トップスタイリストとは、その名の通りスタイリストとしてトップの位置に存在する人です。
このレベルになると年収は1000万円を超えることもあります。ただし、このレベルになれる人は一握りでしょう。

 

このように美容師は初任給こそ低いものの、しっかりと練習をして技術を学んでレベルをあげていけば、かなりの収入を得ることだった不可能ではありません。

 

また自分でお店を経営して成功すれば、収入が桁違いになることだってあります。

 

美容師の労働時間

美容師の労働時間についてお話します。

 

みなさんは美容師が営業が終わった後にお店に残って「練習」をしていることを知っていますか?この「練習」を「労働時間」として考えるのであれば、美容師の労働時間は非常に長くなります。

 

あるアシスタント美容師の例を挙げてみますね

 

 

朝7時にお店について自分の練習をして、9時から営業開始。営業が夜の7時に終わると後片付けをして、今度は11時まで練習をして帰宅。

 

こんな生活が毎日続くことも珍しくはありません。しかし、「練習」の時間を除いて労働時間を考えるとそこまで長すぎるというわけでもありません。

 

つまり、美容師をする上で大切なのは練習時間を労働時間として考えない様にするということです。美容師としてレベルをあげるためには、どうしてもこの練習が必要不可欠になります。この練習は労働ではなく、自分自身のスキルアップのためのものなのです。

 

そうするとお店での営業はもちろんですが、営業前や後の練習も苦にはならないと思います。

 

ここまで美容師の給料と労働時間についてお話しました。

 

労働時間の話をしった後だと、さらに美容師の給料が安いように感じるかもしれませんね。確かに、美容師の給料は最初の頃は労働時間の割に安いと思います。

 

しかし、そんなことがどうでもよくなってしまうくらい魅力のある仕事だということも忘れないでください。

 

 

美容師になるには TOP